Trombone Mania

中年になってトロンボーンを再開してしまった親父の苦悩とやたら物欲に走ってしまうことへの反省の日記。

久しぶりに吹奏楽の話題を・・・

2005.08.28 Sunday 21:40
 今日は、温泉津町で行われた「夏のおわりのコンサート」に、
温泉津中学校吹奏楽部の皆さんと合同で出演しました。



 息子と同じくらいの歳の子供たちとの合同演奏ということで、気合は十分!
だったんだけど、やっぱりほとんど初見に近いような演奏では満足いきませんねぇ。(いやいや、初見でもスッゴイ演奏をする人がゴロゴロいる当団のメンバーとしては誠に申し訳ないですが・・・・)

 コンサートといっても、こじんまりとした会場で、観客の目を気にすることもなく、周りの音を気にすることもなく、指揮を見ることもなく(先生!失礼!)ただただ譜面を追いかけているうちに終わっちゃいましたってか?

 こういう手作りのコンサートがそれぞれの地区地区で開催され長く続いていくと、子供たちも音楽に対する興味が自然とわいてくるものなのでしょうね。
 「音楽をする人は特別な人!」
 という間違った認識を改められ、身近にいる人が演奏するのを自然な姿勢で聞き、また
 「自分も何かやってみようかな?」
 という気持ちにもさせられる。

 敷居の高い演奏会ではなく、案外こういう身近なコンサートから、将来、素晴らしい演奏家が生まれてくるのかもしれませんね。
- | comments(2) | trackbacks(2) | - | - |

コメント

はじめまして。
「あまちゅあホルン吹き Corneliusの日記」さんからたどり着きました。
演奏会お疲れ様でした。それぞれの町ごとにこういうコンサートがあると、音楽をやろうという子供が増えてくると思います。
先日私も地元のサマーコンサートを聴きに行ってきました。その事を書いた記事をTBさせて戴きました。
ヒロじいさんも長年のブランクから復帰されたのですね。私も今の楽団に入るまで7年のブランクがありました。若いメンバーに遅れを取らないようにと頑張っています。
| ローマの松 | 2005/08/29 8:52 PM |
トラックバック失礼します。また、よらしていただきます。
| | 2005/09/04 2:56 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://hiro.borisac.com/trackback/269020

トラックバック

近所のサマーコンサート

家の近所の小学校のグラウンドで、地元の中学校の吹奏楽部が出ているサマーコンサートを見に行ってきました。 地元の中学校が3校出ていました。その中の1校は生徒数減少により、来年から統廃合されて無くなってしまうとの事です。自分の学校が無くなってしまうと
| ローマの松ちゃん吹奏楽日記 | 2005/08/29 8:45 PM |

文化祭に向けて始動

初合奏をしてきました。 文化祭なのでポップス中心の選曲なんですが、大変ですね。 ポップスはのりが命なんですが、なかなかそれが出てこない。それと、ちゃんと個人で譜読みが出来てないんでしょう、要所要所でばらつきが出てきます。 初合奏なので、仕方のない
| すべては吹奏楽から始まった。 | 2005/09/04 2:54 AM |