Trombone Mania

中年になってトロンボーンを再開してしまった親父の苦悩とやたら物欲に走ってしまうことへの反省の日記。

芸術は爆発! ついでにヨメも暴発・・・・(‘‘;)

2010.05.02 Sunday 23:21
 さてさてゴールデンウイーク真っ只中のワシ。

海外で、ジャグジーにつかりながらワインを飲むわけでもなく、

どっかの温泉旅館で露天風呂につかりながら日本酒をチビリチビリとやるわけでもなく、

一日中 ぼ〜っと しているのでした。


ん なんか しげきが ほすい。


と言うわけではないが、

今日は 母校 大田高校の 吹奏楽部定期演奏会。

なんと 第33回だそうで

つまり

ワシが高校一年生のときから 33年経ったと・・・・・・

    ・・・・・・変わらんのは、精神年齢だけか・・・・・・

ま ともかく チケット買ってたので 珍しくうちのヨメ同伴で行ってきました。


いやぁ 相変わらず、 大高の定演は楽しませてくれます。

それと、サウンドも見事なほどにオシャレになってるし

やっぱ若いってのは良いですね。


ま それだけなら しげきがたりない。

わしの もとめる しげきは こんなもんじゃない。


と思ってたら、 やっぱりありました。

いわゆるプチ事件ですね。

1部 2部 と順調にプログラムが進み 3部になったときにその事件は起こったのです。

・・・・・・ステージ上ではなく、客席で・・・・


3部が始まって初めての曲 

 ステージも客席もノリノリ 

と 手拍子に合わせて、いすの背もたれが 「コツコツ コツコツ

どうやら、後ろの席の人がいすを蹴っている模様・・・・

思わずヨメと顔を見合わせたのでした。

「ま しょうがないか・・・・」

と我慢していると

またしても

「コツコツ コツコツ

妙齢のご婦人がマナー知らんのかな?

と気分を害していると

うちのヨメはもっとストレートだった。

「すみません 椅子 けらないでください。」

と 相手のご婦人は

「そんなことしてませんよ。」

?????

それからも

「コツコツ」

は収まることはなく

せっかく楽しかった演奏会もまったく耳に入らなくなったころ・・・

ヨメは 暴発!

○△※□!?sos !!"

詳細は 書けません。

十分刺激的な夜になりましたとさ。




- | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://hiro.borisac.com/trackback/896563

トラックバック